刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 犯罪で取調を受けた後

犯罪で取調を受けた後、どうなるか

検察官による処分決定まで、捜査が継続します。
勾留されている場合は、通常、勾留満期までに処分決定されます。
勾留満期までに処分決定できない場合には、釈放されます。
検察官の処分には、以下のものがあります。
(1)不起訴処分
公訴提起せず、処分を問わないことするもので、犯罪事実が認められない場合、 証拠不十分で公訴が維持できない場合、犯罪事実は認められるが事案が軽微で 処罰の必要性がないと判断される場合などがあります。
(2)略式命令請求
正式な公判手続によらずに、簡易裁判所で50万円以下の罰金等を科すことを 求めるものです。
被疑者に当手続に異議がある場合はできません。
(3)公判請求
正式な公判手続による裁判を求めるもので、通常、起訴と言われます。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから