東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

刑事事件トップ --> 取調を受けた後

犯罪で取調を受けた後、どうなるか

検察官による処分決定まで、捜査が継続します。
勾留されている場合は、通常、勾留満期までに処分決定されます。
勾留満期までに処分決定できない場合には、釈放されます。
検察官の処分には、以下のものがあります。
(1)不起訴処分
公訴提起せず、処分を問わないことするもので、犯罪事実が認められない場合、 証拠不十分で公訴が維持できない場合、犯罪事実は認められるが事案が軽微で 処罰の必要性がないと判断される場合などがあります。
(2)略式命令請求
正式な公判手続によらずに、簡易裁判所で50万円以下の罰金等を科すことを 求めるものです。
被疑者に当手続に異議がある場合はできません。
(3)公判請求
正式な公判手続による裁判を求めるもので、通常、起訴と言われます。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com