刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 起訴後、保釈してもらうには

起訴後、保釈してもらうにはどうするか

裁判所に保釈申立をします。
これは、本人・弁護人のほか、家族等も可能です。
保釈が許可された場合、指定された保釈金を預ける必要があり、保釈金の払込後に身柄が 解放されます。
保釈金は、判決後に返還されますが、逃亡した場合には没収されます。
保釈金の金額は、被告人の資力や逃亡の可能性などを勘案して裁判所が決定しますが、 通常100万円から300万円の範囲です。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから