刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 国選弁護人の対応は

国選弁護人では不安か

「国選弁護人は報酬が低いので、まともに弁護活動してくれないのではないか」との質問を受けることがあります。

多くの弁護士は、私選であろうと国選であろうと弁護活動に差異をつけないと思います。
又、弁護士の能力により判決が変わってくるということも、特殊な冤罪事件等でない限り、ないでしょう。
但し、要望してるのに初回以外は接見に来ない、示談を依頼しているのに全然行動しないなどと、 基本的弁護活動を怠っている場合は別です。

一部、「低額報酬だから弁護活動に差異があるのは当然」と公言している弁護士がいることも事実です。
しかし、そのような弁護士が私選なら格段の能力・手腕を発揮してくれるかというと、はなはだ疑問であると言わざるを得ません。

重要なのは、熱心に対処してくれる弁護士、自分と波長が合う弁護士かどうかです。
国選弁護人の唯一の難点は、自分で弁護人を選べないことです。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから