刑事事件の弁護士は東京シティー総合法律事務所

刑事弁護TOP → 刑事手続に付随する損害賠償命令申立

刑事手続に附随する損害賠償命令申立

「犯罪被害者等の権利利益の保護を図るための刑事手続に附随する措置に関する法律」に基づき、殺人・傷害・強姦・逮捕監禁・営利目的誘拐その他一定の犯罪の被害者等は、その刑事事件を審理している裁判所に対して、審理終結までに民事上の損害賠償請求を申立できます。
この場合、有罪判決後直ちに刑事事件を担当した裁判所で損害賠償の審理が開始され、審理手続も簡略化され、比較的短期間即ち原則として期日4回以内で審理終了して、裁判(命令)がなされます。
但し、被告人が異議を申立てた場合には、通常の民事訴訟手続に移行します。

初回相談は無料です

刑事事件の弁護士をお探しの方のために無料相談を行っています。
初回相談は無料です。まずはご相談ください。

相談のご予約はこちらから