東京シティー総合法律事務所

メニュー

弁護士の無料相談は東京シティー総合法律事務所

お問い合わせ

 メールでのお問い合わせ

メールでの問合せが困難な方には電話での相談
(平日9:00-17:00 03-6311-7598)に弁護士が適宜対応致します。
その際は、相談する事案内容と希望する解決内容及び質問事項を事前にまとめておいてから電話下さい。

刑事事件トップ --> 控訴による身体拘束延長

刑事事件 控訴による身体拘束延長

刑事事件では、判決まで身体拘束(勾留)されていることが多いです。
その場合、無罪は勿論、判決で有罪となっても執行猶予が付けば、身体は解放されます。
執行猶予が付かない懲役刑が宣告されると、当然、身体は解放されず、控訴期間が経過して判決確定すると刑務所に収監されます。
控訴した場合には、身体拘束されたまま裁判は続きます。そして、控訴審の間の身体拘束期間は、その一部だけが実際の服役期間から控除されます。 そこで、控訴判決で大幅に懲役が短縮されない限り、控訴すると、実際の身体拘束期間が増加する結果となる可能性が高いのです。

相談・問い合わせ

その他の法律相談も受け付けています。
東京シティー総合法律事務所は、相談者と共に事案を検討し、最適な解決法を提案します。
初回相談は無料で行っています。相談はこちらから

東京シティー総合法律事務所
〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-12 ミユキビル7F
電話番号:03-6311-7598 / FAX:03-6311-7599
メール:nakaba@nakaba-law.com